トップ «前の日記(2009-11-29) 最新 次の日記(2009-12-15)» 編集

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|08|
2018|01|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2009-12-13 今月一杯はバタバタ [長年日記]

_ [server][pc] Cobalt qube2(の筐体) で新サーバ構築

改造サーバCobalt Qube2 の筐体を使って、サーバを構築してみた。構成は以下の通り。

  • CPU : AMD Athlon II X2 240e
  • Mem : Transcend DDR2-800 1Gx2 ( low height )
  • M/B : Zotac GeForce 8200-ITX WiFi GF8200-C-E
  • HDD : HGST S722080K9A300 (80G 9.5mm) x2

最初、CPU は Athlon II X4 605e を、Mem は 4G で考えていたけど、合わせて 1 万円ぐらい違うので( DDR2 が高かった )、この構成で。初めて作るので失敗する可能性も含めて...。

シャーシとケースというわけで、作成。Cobalt Qube2 はシャーシがちょうど 17cm 四方なので Mini-ITX マザーとちょうど同じサイズ、つまりはリアがはみ出て、カバーがつっかえる状態なのでシャーシをカットする。それと、電源パネル、HDD マウンタを固定する穴をシャーシやカバーにも空ける。

自作パネル元々ついていたパネル系は全部使えないので、電源ボタンと AC アダプタのコネクタを別に作る。PCI バスの部分がちょうどいい大きさなので、ここにハマる電源・AC アダプタのコネクタ用パネルをアルミの板( 1mm )で作成する。

CPU ファンとケースファンの位置内部の構成は窮屈で、CPU ファンの真上に 2.5inch HDD が二台、そのすぐ横にケースファンがある状態なので、エアフローをちゃんとさせるために CPU ファンの風向きを上向きにして、ケースファンを内から外へ流れるようにする。CPU ファンは元々、上から下へ流す向きに着いていたのでこれを逆につけなおす。

リアパネル後はケーブルを畳ながらケースをはめて完成。ケース前面の LED はちゃんと再利用してマザーに接続。