トップ 追記

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2017-03-07 デカい買い物が続く [長年日記]

_ [keyboard] Majestouch Tenkeyless が断線したので直した

仕事場で使っている人をちょくちょく見る Majestouch、キーボードから生えてるケーブルの根本が断線しやすい構造の為、怪しかったけど自分の分も接触がおかしくなるようになった。

断線した部分をカットして繋ぎ直してケーブルを直すことにした。

というわけで、下記のレポートを参考にまずキーボードを分解した。

ほんとうにキーボードの手前の部分が硬かったけど、そこが辛いぐらいだった。ケーブルと基板の接続はマザーボードのフロッピーのコネクタみたいなタイプで外すのは楽。

ケーブルはキーボードから出てる部分をカット、2つになったケーブルは、イーサネットケーブルの要領で中の線を出して、そこをハンダ付けして、熱収縮チューブでカバーして終わり。

元に戻して無事に修理完了、もうしばらくは動いて...。次買うなら、RealForce かな


2016-12-25 俺がサンタだ! [長年日記]

_ J:COM のネットの接続がよく切れるのはルータの質が悪いせいか?

半年ほど前に J:COM に変えて、Flets 光 (VDSL 方式 50M) に較べると通信速度は上がった (上りでさえ)、ただ数時間すると繋がらなくなり、ケーブルモデムを電源切って入れなおさないといけない状態になった。

詳しく見ると、ケーブルモデム (HUMAX HG100R-02JG) の DHCP 機能が数時間すると IP を返さなくなる事がわかり、しかも IP リースの期間が極端に短い (3 分) ので、この問題に巻き込まれネットから切断される、ということだった。また、DNS もたまにレスポンスが極端に遅くなることがあるし、ケーブルモデムには DNS (cache) 機能が無いので、反応も総じて遅い。

というわけで、DHCP と DNS (あとその他) をケーブルモデム以外でまかなうことにした。無線 LAN ルータ (Aterm WG1800HP2) は既にあるけど、これは DHCP が 32 個までしかばら撒けないので却下し、Raspberry Pi Model B+ で家庭内サーバを立てた。

Raspberry Pi Model B+ で DHCP, DNS, NTP をサービスするようになった結果、数時間で切断されるということはなくなり、ケーブルモデムの電源を切る必要はなくなった。


2015-11-07 mercurial のアカウント情報を Gnome Keyring で管理 [長年日記]

Gnome 上で、git では標準で、以下のように記述することで Gnome Keyring でアカウント情報を管理でき、.gitconfig にパスワードを書かなくて済む。

[credential]
        helper = /usr/bin/git-credential-gnome-keyring

mercurial で同じことをするには、mercurial_keyring を pip install 等で導入すればいい。

/usr を汚したくない場合、virtualenv で python2 の環境を作り、そこにインストールしたうえで、以下のようにフルパスを直接指定すれば使える。この時、mercurial 本体は virtualenv 環境に無くてもよかった。

mercurial_keyring = .../hg_key-venv/lib/python2.7/site-packages/mercurial_keyring.py

内部的には、python 標準モジュールの keyring を使って Gnome Keyring とやりとりしている。Gnome Keyring を直接叩くタイプの拡張もあったけど、そこまでする必要はないようだ。


2013-11-30 6 日ぶりに帰宅 [長年日記]

_ [life] 子供が生まれました

子供が生まれました、元気な子ですよ。

前日の夕方に大急ぎで奥さんのところへ行き、急いだおかげでいろいろ間に合いました。最初、バスで行こうとしていたのは秘密。

生まれるまでは正直、子供に愛着もてるのかな...とか、世話できるんかな...と不安だったけども、顔見てるうちにそういうのはなくなってきたかな、自分の子供可愛い


2013-10-26 朝型へ [長年日記]

_ [movie] 劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語

朝 8:30 から大学の先輩と新宿バルト 9 で観てきた。TV の最後からの続きでまどかマギカという作品をうまく終わらせた作品だったと思う、TV 版をリアルタイムに観ていた人なら非常に面白いと感じられるんじゃないかな。

物語そのもの以外に面白いと感じたのは、視聴者が観たいと思ってたモノや、放映当時人気が出たキャラを物語にきっちり反映させられていた点。前者は「ちゃんと 5 人で魔法少女してるところ」とか「さやかと杏子のカラミ」、で後者はシャルロット。もちろんただ出てくるだけではなくそれがちゃんと話として意味を持っているので見応えもあった。

_ [event] 大槍葦人*少女画展

まどかマギカ映画を観た後の足で、四谷四丁目へ。会場が路地の中だったので最初迷った、ちなみに同じように迷っていたであろう人が途中にいた。

大槍さんの展示はこれまでとらのあなとかで見てきたけど、今回はカンバスへの出力とそれに合わせての昔の絵の修正とかが入っている。あと、LITTLE WORLD 2 ではKaleido インキ(東洋インキ) を使っているという事で、発色がどうなってるのかとか楽しみだった。

展示は場所があまり広くはなかったけど、展示されてるのは確かにただ大きくしたのではなく、全体的に修正が入りまくってて全く新しい絵を見ているようだった。


2013-09-29 ぐったり [長年日記]

_ [book][tablet][android] 買ったモノ - Nexus7 とか

Google Nexus 7 (2013) TABLET/ブラック バッドデータハンドブック ―データにまつわる問題への19の処方箋

買ったのはだいぶ前ですが、Nexus7 は普通に電車の中とかで使う用。

バッドデータハンドブック、構造が破綻した HTML とか、csv になってない csv とかをどう処理するかみたいな話と思ったら別にそうではなかった。ちょっとがっかり。


2013-08-04 今日は暑い [長年日記]

_ [movie] 観た映画 - 風立ちぬ

twitter での感想とか、大学の先輩らの話で「宮崎駿自身の開放されたがり」とか「技術者向け」とかそういうのは聞いていた状態で観てきた。

観てみると確かに技術系男向けのアニメというか、「美しいものが作りたい」というセリフに同意できる人が強烈なシンパシーを覚えるアニメだなという感想。主人公が天才だったりするけどそういうところはまぁ置いておいて、重ねる事がおごがましいとは思うけれども、どうしても感じてしまう。

しかしシンパシーを感じてしまうと、主人公に向けられるメッセージやセリフを耳を塞いで”違う!”と叫んで否定したくなってしまう、最後のヒロインのセリフでさえも。「宮崎駿がこの映画に込めたメッセージは自らへの許し」と主張する感想をどこかで読んだけど、確かに最後のセリフとそこへ向かうシーケンスはそういうふうに読めるしそう感じた、けれども自分はそういうのは自ら許されちゃいけないもんなんじゃないかと思う。

とか入れ込み過ぎてたら残り 2,30 分辺り、結婚式を挙げる辺りからのセリフ、演出で完全に涙が止まらなくなって、隣の人に嗚咽が聞こえるぐらいに号泣してた。以前、秒速 5 センチメートルでも映画館で号泣したけど、それとは全然違うたぐいの涙でした。

同じ会社、大学の人らにはお勧め、だけどそれ以外の人には勧めない、そんな作品だった。

それはそれとして、今艦これやってるんで、「鳳翔長門キター」とか「やっぱボーキサイト食うよねぇ」とかそんなこと考えたりしてた

_ [anime] 今期のアニメ

最近は毎期何かしらドハマリするアニメが 1 本はある、作期はガルガンティア。今期は、神のみぞ知るセカイ 3 期。

神知るは原作未読で、アニメ 1 期 1 話が大好きで、1 期は通して観てたけど、2 期はキャラや話が好みじゃなかったのか途中で切った。で、3 期もそういう状況で、しかも OVA の続きということで観る候補からさえ外してた。

始まってみたら、大学の先輩から強く推されたのもあって観てみたら、1 話の構成・演出の良さで一気に持っていかれた。

1 話は総集編みたいなもんだったけど、それは前半少しであとは過去の話を説明しながら現状の話をしててすごい詰まった構成になってた。しかしその上でかのんの話をつなげていって、せまる危機とつのる想いを重ねてそれが一気に開放される終盤、その開放された想いを一気にむさんさせるラスト、すごい 1 話だった。神知る 1 期 1 話が読み切りモノで最高の 1 話目だとしたら、3 期 1 話は続きモノで最高の 1 話目だった。

さらに 2 話目も負けていなくて、桂馬の能力的なところを話を進めながら紹介、スピーディーな展開でギャルゲー経験者に同時攻略・爆弾処理がベースであることを提示していく構成となっていて密度の濃い話になっていた。

さてもう一回観返すか...