トップ 最新 追記

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|08|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2015-11-07 mercurial のアカウント情報を Gnome Keyring で管理 [長年日記]

Gnome 上で、git では標準で、以下のように記述することで Gnome Keyring でアカウント情報を管理でき、.gitconfig にパスワードを書かなくて済む。

[credential]
        helper = /usr/bin/git-credential-gnome-keyring

mercurial で同じことをするには、mercurial_keyring を pip install 等で導入すればいい。

/usr を汚したくない場合、virtualenv で python2 の環境を作り、そこにインストールしたうえで、以下のようにフルパスを直接指定すれば使える。この時、mercurial 本体は virtualenv 環境に無くてもよかった。

mercurial_keyring = .../hg_key-venv/lib/python2.7/site-packages/mercurial_keyring.py

内部的には、python 標準モジュールの keyring を使って Gnome Keyring とやりとりしている。Gnome Keyring を直接叩くタイプの拡張もあったけど、そこまでする必要はないようだ。