トップ «前の日記(2005-11-20) 最新 次の日記(2005-11-23)» 編集

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|08|
2018|01|03|06|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2005-11-21 創立記念日...はほんとは昨日 [長年日記]

_ [anime] ぱにぽに

作業が手に着かないぐらい新OPにどっはまり。先週見られなかったしのぅ

_ [python] CherryPy - 特定のURLに対してのみBasic認証をかける

モノはBasic Authorization(CherryPy)のbasicauthfilter.2.py(以下basicauthfilter2.pyと名前変更しています)と同じです。違うのはRootクラスでは無いということで、やったことを以下に挙げます。

basicauthfilter2.pyのRootクラスを任意のクラス名に変更します(ここではAuthTest)。次にこの変更したクラスをcontrollers.pyのRootクラスで生成します。このとき変数名は「auth」とします。なのでcontrollers.pyには以下の記述を追加します。

from basicauthfilter2 import AuthTest
...
class Root:
    auth = AuthTest()
...

そして、AuthTestの_cpFilterListの生成部分でBasicAuthFilterの引数をつっこむところのunauthorizedPathを以下のようにRootに足した変数名を付け足します。

    _cpFilterList = [ BasicAuthFilter(cppasswordPath='.cppassword',
                                      realm='localhost',
                                      unauthorizedPath='/auth/unauthorized') ]

あとは***start.pyと同じディレクトリにに平文で「ユーザ名:パスワード」が書かれたファイル.cppasswordを生成します。そうしてhttp://localhost:8080/authにアクセスすれば認証のダイアログが開きます。これでauth以下(つまりAuthTestで定義したページ)に対しては認証がかかりますが、auth以外のページには認証無しでアクセスできます。

BasicAuthFilterの引数にダイレクトで"auth"とか書くのは正直まずいので修正する必要があります。まぁ後回し...(泣

_ [programming] DBのテーブルとカラムが増えていく

日記コンテンツをDBにつっこむべくDB設計をしてるけどどんどん増えていく...。SQLObjectでORマップするとはいえ属性としてのテーブルは考えないと当然いけないわけですが、うーん破綻しそう。まぁいきなり全部つっこもうとするのが間違いなのかも。大体できたくさいからこっからSQLObjectのモデルを作る。その過程でボロがでそう。

今月いっぱいはこんなこと続けてます。はてさて何ができるやら。