トップ «前の日(02-19) 最新 次の日(02-21)» 追記

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|08|
2018|01|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2005-02-20 ねむねむ

_ [life] 自炊再開と引越し準備

一ヶ月やっていなかった自炊を再開、卒論&修論打ち上げで行った百香亭に対抗してみるも、業務用コンロの火力にはやはり勝てなかった...。引越したら買おうかなぁ...。

今日も今日とて雑誌を処分。今日でJavaWorldが1999/12〜2002/12分処理し終わる。2003年の分はどうしたもんかなぁ。しかし、漫画がいよいよ捨てられるのがなくなってきた。視点を変えていかないと絶対減らない...。

_ [developerworks] Scott HandyインタビューとXAPIとGenericsとJ2EEのインターオペラビリティ


2007-02-20 お休み

_ [PSP][web] PSP上webブラウザの制限

PSPのwebブラウザ上で動的なページを作ったとき、処理能力の低さも問題なんだけど、それ以上に機能的な制限が多かったので、ぶちあたったところまでまとめ。

まず、PSPのwebブラウザ、NetFrontのカスタマイズ版のベースは以下の通りらしい。

  • HTML 4.01かXHTML 1.0
  • CSS1,CSS2
  • Javascript 1.5
  • DOM Level 1,2

で、その上でぶちあたった問題とか。

  • innerHTML、innerText、TextContentが使えない、appendChildが使えない。
  • setInterval、setTimeoutは使える。
  • formの内容を動的に更新することはできる。

一つ目の問題から、PSP上では動的なHTMLの編集はできないということになるのかな。formの編集は可能なので、こっちをうまく使って似せるしかないか。

後、どっかでlayer関係も使えないという記述があった気がする。innerHTMLはsetIntervalと同様DOM level 0(標準化されていないDOM)なのでPSPそのものの機能制限なんだろうなぁ。

こう、ブラウザで使える関数とかを調べる方法って無いのかしら...。これでいけるかなー。

_ [PSP][web] PSPで使える関数とか調べてみるが...

というわけで、チェックをしてみた。んが、innerHTMLもappendChildもtrueを返す...。

うーん、ちぇっくの仕方について理解が間違ってるのかな。それとも、PSP側の問題なのか...。わーかんねー。


2008-02-20 さくさくいきてぇな

_ [dvd] 買ったBOX - 空飛ぶモンティ・パイソン

「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX

昼飯の後に買ってきたー。


2010-02-20 「消失」二回目観てきた

_ [gimp] スペースバーを押したときに消しゴムツールが発動するよう修正

SAI だと、ブラシとか鉛筆系のツールを使っているとき、Ctrl キーを押している間だけ消しゴムに変える事ができる( Ctrl キーを離すと元のツールに戻る )。というのを gimp でもやりたくてモンキーパッチを作成。スペースバーを押しているとき、移動ツールにさせる事ができるんですが、移動ツールを全然使わないので、消しゴムツールに修正。

以下は、gimp-2.6.7 に対するパッチ。"//" の部分は、tDiary の制限でつけているので実際はただの空白行。

--- app/display/gimpdisplayshell-callbacks.c.orig	2010-02-21 00:46:52.064493918 +0900
+++ app/display/gimpdisplayshell-callbacks.c	2010-02-21 00:46:58.362745518 +0900
@@ -471,7 +471,7 @@
           gimp_object_get_name (GIMP_OBJECT (active_tool->tool_info));
// 
         gimp_context_set_tool (gimp_get_user_context (gimp),
-                               gimp_get_tool_info (gimp, "gimp-move-tool"));
+                               gimp_get_tool_info (gimp, "gimp-eraser-tool"));
// 
         tool_manager_focus_display_active (gimp, shell->display);
         tool_manager_modifier_state_active (gimp, state, shell->display);

後は、stylus のボタンをスペースに割り当てればこれが発動する。

もっと汎用的にしろよって感じですが、自分はこれで困ってないので、まぁいいや、という感覚です。

(追記 2010/02/21) と思ったけど、linuxwacom で stylus のスティッチキー(Button2)にスペースを割り当てると、アイコンが一瞬変わるだけで発動しない。terminal で押しつづけているてもキーリピートしないあたり、思った通りの挙動を Button2 がしてくれていないようだ。

というわけでこっちの問題を解決しないとなー(泣

_ [comic][CD] 買った漫画とか

LEVEL5 長門有希ちゃんの消失 (1) 絶対可憐チルドレン / 20

Level5 は買ってからずっと聞いてる。Only my railgun よりエロゲ曲っぽい感じになった、気がする。

長門有希ちゃんの消失は映画を観たのでその流れで購入。

_ [anime][movie] 涼宮ハルヒの消失観てきた(二回)

公開3日目ぐらいに観に行って、今日二度目で観てきた。で、今日の飲み会で感想を言ったり聞いたりしたので区切りでまとめ。

(以下ネタバレるよ)

話の構成についての印象は、30 分アニメをそのまま 2:45 の劇場版でやった、という感じだった。クライマックスに向かってき盛り上がってそっから一気に収束していくような構成ではなく、軽く盛り上がるのを何度も繰り返し、最後も後に続く終り方だった。なので、最初の感想は、この構成についてのひっかかりが強くて「別に劇場でやらなくてもいいよね」という程度だった。

この引っかかりをとりあえず置いておいて、キョンと消失後の長門 (以下、消失長門。長門と書く場合はどっちも含める) の関係について想いをめぐらすと、長門のアプローチをひたすらキョンが折っていくお話、という感じになった。消失長門だけじゃなくて、元の長門も含めて。

キョンにとっては、入部届け(消失後)か栞(消失前)のどっちを選ぶかキョンが決める、という選択のお話 (のように見えてそうでは無いけど) だったけど、長門にとっては消失長門(消失後)を選ぶかハルヒ(消失前)のどっちをキョンが選ぶか、という審判の話と捉えられた。

キョンは能動的に動くのでまぁいいけど、選択を任せた長門にとっては自分のアプローチを全てキョンは挫き、キョンが諦めるように仕向けた条件を全てクリアされてしまったわけで、長門の置かれた状況はあまりに切ない。止めに、病院の上でキョンは長門が only 1 の特別な存在と言うわけでは無いと宣言し、名前をよばれたと思ったら勘違いだったというすれ違いも突きつけられてしまった。どこまでも長門はキョンに傷つけられた格好になる、あまりに切ない。

っていうかまじキョンぶっ殺す。

こんだけ全てのフラグを折られる長門が切なくて、その心を思うとゾクゾクしてとてもたまらなく、半ば NTR に通じるものを感じた。長門ほんと可愛い ( フラグ折られまくる不幸少女っぷりが )。

恋愛と絡めないと話が読めないのかと言われそうな感じだけど、まぁしょうがない。


2011-02-20 生活リズム大崩壊

_ [comic] 買った漫画

Amazon.co.jp: つぼみ VOL.10 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ): 大槍葦人 他: 本 Amazon.co.jp: 朝霧の巫女 7 (ヤングキングコミックス): 宇河 弘樹: 本 Amazon.co.jp: ヒャッコ 6 (フレックスコミックス): カトウ ハルアキ: 本 Amazon.co.jp: ブラフマン OVERBOOST(2) (CR COMICS): 貴島煉瓦: 本 Amazon.co.jp: ハナコ@ラバトリー(1)(CRコミックス): 秋★枝, 施川 ユウキ: 本 Amazon.co.jp: キラキラ100% 9 (りぼんマスコットコミックス クッキー): 水沢 めぐみ: 本 Amazon.co.jp: D・N・ANGEL 第15巻 (あすかコミックス): 杉崎 ゆきる: 本 Amazon.co.jp: 絶対可憐チルドレン / 25 スクールカレンダー付限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ): 椎名高志: 本 Amazon.co.jp: うちのポチの言うことには 3 (花とゆめCOMICS): 橘 裕: 本 Amazon.co.jp: みみミミック(1) (CR COMICS): 刻田門大: 本

久しぶりにつぼみ購入、表紙と玄鉄絢の漫画の為だけに、いつもそうは思って他の人の漫画も読むんですがどうにも...。

ブラフマン、再開したのは知ってたんですがいつのまにやらここまで出てたんですね

ハナコさん、秋★枝さんの新刊だったので飛びついたけど、原作つきなの知らなくて購入。...この原作を秋★枝さんでやる意味全く無くね?amazon のレビューも原作の人のファンしか書いてないよ?

キラキラ 100% 長かったなぁ、水沢めぐみらしい良い作品だったと思うすよ。