トップ «前の日(01-30) 最新 次の日(02-01)» 追記

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|08|
2018|01|03|06|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2004-01-31 過去日記からの変換

_ [computer][impression] Intel、Yamhillを認める

ついに恐れてるものが動き出した。とか思ってたらずっと前からその話はあったのね〜。はてさて、このあと市場はどうなることやら...、なんかIntelに食われていく気がするが。っていうか、AMD64の現状のアドバンテージはメモリレイテンシの低さであって64bitにはないんじゃないの?そんなに64bitを欲する人は多いのか?それともコストパフォーマンスのよい64bit CPUとしてエントリーサーバ向けにうけているのか?サーバベンダー3社がAMD64のサーバを導入しているあたりがそれを物語っているのか。

とか考えてたら、opteronの市場ってエントリーサーバ向けなんだから64bitの恩恵をうける人達が多いのか、デスクトップの話じゃないんだからなぁ>自分。

_ [server][linux] debianでApache 1.3.29

内側にあるサーバにapacheを入れました。インストールはdebianなのでapt-getでインストールしました、mod_rubyの関係上(現状ではApache2.0では問題があるらしい)、1.3.29をインストール。目的はrubyとperlとCGIの勉強、遊びです。とりあえず、ファイルサーバを兼ねてるサーバなのでジュークボックスを作ってみようかと思ってます。以下、作業した内容です。

  • apt-getでmod_perlをインストールする(その際apacheも入れられるから)。設定ファイルは「/etc/apache」、実行ファイルは「/usr/bin」、モジュールファイルは「/usr/lib/module/1.3」そしてDocumentRootは「/var/www」に入れられる。

  • URLは「http://localhost/works/」でその下のperl,rubyのプログラムにアクセスできるようにする。.htaccessでworksディレクトリを管理するとします。ちなみに実際のディレクトリは「/var/www/works」となります。

  • そんなわけで.htaccessが使えるように設定します。httpd.confで「/var/www」ディレクトリの設定をしている部分で「AllowOverride」の値を「All」にします。これで.htaccessによるアクセス制御が可能になります。

  • .htaccessを「/var/www/works」ディレクトリに保存します。中身は次のとおり書きます。これでperlが有効になります。

    Options FollowsymLinks ExecCGI Includes
    AddTypeapplication/x-httpd-cgi .cgi
    AddHandlercgi-script .cgi
    <Files .htaccess>
    deny from all
    </Files>
    

    これでできあがり。

  • 次にmod_rubyの方を設定します。まず、module.confに「LoadModule ruby_module /usr/lib/apache/1.3/mod_ruby.so」とモジュールを登録します。ここで「module-config apache」とモジュールを有効にするのを忘れないようにします。

  • 次に「/usr/share/doc/libapache-mod-ruby/examples/httpd.conf」の中の設定を「/etc/apache/httpd.conf」に書き込みます。そのままの設定だとrubyのファイルは*.rbxならどこでも動くようになるようです。「*.rhtml」の方を有効にすればerubyを使った埋め込み型rubyを使えるようになります。

本当はpublic_html以下でも.htaccessを設定できるようにしたかったけれども、なぜか有効にならなったです。user_dirモジュールが関係しているところは他と挙動が異なるらしいですが、まぁ特に今回は問題ないのでそのうち調べる事にします。


2007-01-31 出戻り

_ [computer] is30、VineLinuxでのバッテリ駆動の認識...

OSを入れて再起動したとき、GRUBのstage2またはstage1.5で止まって、何なんだろうーなーって思ってたら、USB-DVDドライブを外したら問題無く起動するようになったorz。

で、とりあえずVine4.0からVineSeedへアップデート、今のVineってデフォルトでcpuspeedが動いているのでこれを利用、デフォルトではCPUの動作周波数は半分ぐらいになってるけど負荷をかけるとすぐに通常状態まで周波数が上がる。さて、ACを抜いたときどーなるかなーと思ったら、状況変わらず、アレー。/proc/acpi以下の情報がACアダプタを抜いても更新されないで挿さったままになってるし...orz

無線LANの設定の面倒さそうなのは置いておいても、これはちゃんと動作しないと持ち運びには使えないなぁ...、というわけでまた週末にでも作業の続きをしよう。


2008-01-31 1か月無遅刻

_ [neta] 「ギョーザ」

新聞とかで「ギョウザ」じゃなくて、「ギョーザ」って書くのは、「メイド」じゃなくて「メード」って書くのとおんなじなんすかね。